Decadencia/Maquinarias De Poder (2008)

87年に結成された彼らの93年~95年のデモに、V8のカバー”Ideando La Fuga”をプラスしたコンピレーション。NEPAL, HORCAS, HERMETICAみたいな、いかにもアルゼンチンっぽいパワーメタリックなバンドとは違って、ブラジル、メキシコのバンドに近いアグレッシヴなサウンド。TRANSMETALっぽいvo、2ndの頃のSLAYERみたいなドラムサウンド、バキバキ刻むベースも○ですが、スローから爆走パートにシフトチェンジする際のリフワークが特に素晴らしい。タイトなプレイ、南米らしい邪悪な雰囲気もポイントですし、予想を裏切る展開も個性的。アイヌのリムセ(輪踊り)みたいなイントロ!でスタートする「Decadencia」は初期MORBID ANGEL, ENTOMBEDっぽいデスメタルに進化。よりevilなこちらもオススメです。