APOCALYPSE

S/T (1988)

1987年に結成された5人組パワー/スラッシュバンドの1st。歌えるvoをフィーチャーした初期ANTHRAXっぽいスピードメタル。実際voのメロディは単調だったりして残念ですが、このバンドの魅力はやっぱりタイトなプレイ、センスが素晴らしいリフ。スラッシーなリフと往年のHMを融合したスタイルは貴重ですし、哀愁のある展開にもヤラれます!スリリングでハイテンションな2曲のインストもグレイト!ミックスはFlemming Rasmussen


CARRION

Evil Is There (1986/再発2005)

ベルンで結成された4人組の1stフルレンス。このバンドはPOLTERGUISTの前身で、この頃はIRON ANGEL1stや初期RAZORにも通じる、スピードメタル寄りのスラッシュメタル。勢い中心な作り、適当なプレイなんかは、POLTERGUISTでは味わえない趣ですし、メンバーもメイクしてるのが時代です!こちらのほうがリフもよかったりして、個人的にはPOLTERGEISTよりも好きだな。尚再発盤は1stデモ「Evil is There」から5曲、86年のライヴ2曲をプラス。


DRIFTER

Reality Turns To Dust (1988)

1984年に結成された5人組の1stフルレンス。歌えるvo、メロディックなリフをフィーチャーしたパワーメタル。しかしリフの刻みやフレーズは、スラッシュを通過してますし、そういった意味でもバランスのとれたグループ。スペーシーな雰囲気も○ですし、Kalle Trapのプロデュースもグッド!ただラストの"La Bamba"は不要。

Nowhere To Hide (1989)

2nd1stとほとんど同じ内容ですが、今回はvoのメロディに工夫が感じられます。正直アグレッションを追及するマニアには、ものたりないバンドですが、ドラマティックかつジャーマンなスタイルにファンも多いはず。ちなみにMOTORHEADPhil CampbellABでソロをプレイ。


EXCRUCIATION

Last Judgement (1987)

1984年にチューリッヒで結成された4人組の1stEP。ジャケの印象はデスメタル、しかしメンバーの着ているシャツはC.O.C., D.R.I., WEHRMACHTなので?でしたが、以外にもMESSIAHっぽいグループ。ストレートな初期スラッシュにdoomを融合したスタイルはユニーク!ダーティなvo、ダークな雰囲気を含めてNECROPHAGIAとか好きな人にも受けそうなアルバム。


MESSIAH

Unreleased Demo 1984 (2007)

1984年にBaar / Zugで結成されたトリオの84年のアンリリースデモ。この頃の彼らは南米、東南アジアに匹敵する強烈なraw thrash metalBestialvo、プリミティヴなプレイはまさにthrash from hellとしか例えようありません。かれらの個性でもあるDoomパートもすでに登場しますし、初期NECROPHAGIAPOST MORTEMみたいな雰囲気も真性マニアを誘惑!

Hymn To Abramelin (1986/再発2002)

整合感がアップしたというか、以前ほどのカオスは感じない1st。ノイズ寄りのサウンドのせいで以前は聴き取りにくかったリフが、今回はプロダクションのおかげで、ダイレクトに伝わります。voのせいで、好き嫌いがわかれるタイプだと思いますが、これ程の出来だとスイスを代表するスラッシュ!といっても過言ではありません。同じくdoomを導入したCELTIC FROSTとは全然違う、このユニークなアプローチは要チェック!尚再発盤は1984年の「Inofficial Demo」をプラス。

Extreme Cold Weather (1986/再発2002)
のシロクマジャケで有名な2nd。とにかく中身とのギャップに笑わずにはいられません。voスタイル、トレモロリフのせいで、90sブラックメタルのルーツともされていますが、そんなことはどうでもよく、さらにパワーアップ。これまた再発盤は2本のデモ「Powertrash」、「The Infernal Thrashing」をプラスした20曲入。